日本が誇れるもの畳 - 自由人 健康 年金暮らし

日本が誇れるもの畳

日本が誇れるもの畳  近年生活の洋風化が進んで畳の無い家が多くなっている。

  しかし畳の部屋がどうしても欲しいと改造した知人何人もいる。

友達の一人は予算の都合でベットを畳にしたところ結構いいそうです。

  畳に寝っころがると安らぎを感じ疲れが癒される畳の効用あり。

  畳一畳のサイズは長さ181,8センチ幅90,9センチ人が寝るときの最低のサイズ



  日本伝統の文化は昔から中国伝来のものが多いが畳はレッキとした日本古来固有のもの

  そのル-ツは日本最古の歴史書古事記に皮畳、管畳、などの記述があり野生の草を重ねた

  ような物だそうです。



  歴史的には平安時代に貴族の住まいは神殿造りの板の間に寝具や座具として利用した。

  現在のように部屋全体に敷き詰めるようになったのは鎌倉、室町時代の書院造りで普及し

  一部の特急階級だけで庶民にはまだ普及してないようでした。

  江戸時代には町民にも茶道が行き渡るようになり茶室用に畳産業として発展した。



     畳の機能と効用


  畳は人の心を落ち着かせ和ませる効果があり触れても嗅いでも気持ちが落ち着く


  イグサには食中毒や腐敗細菌、水虫等に有効なこな抗菌性実証されている。

   畳は室内の温度、湿度を一定に保つさらに空気の浄化作用と抗菌性の機能もあり。

   二酸化炭素を畳一畳で1,5キログラムも吸収されるとのこと

閑話休題

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント