ヤママリン - 自由人 健康 年金暮らし

ヤママリン

ヤママユ
ヤママリン? 一般の人は知らないと思います。

ヤママユガ(天繭)から抽出した癌を眠らせる特効薬ヤママリンと

岩手大学農学部農学生命課程応用昆虫学研究室 鈴木幸一 教授が命名者
スズキ
ヤママユガは日本に昔から生息している蛾の一種で緑色に輝くその繭は「絹の

 ダイヤ}と呼ばれ高価で着物にすれば500万円の高級品になるそうです。
yama.png
ヤママリン
冬の間、幼虫は体内で細胞を眠らせる休眠物質「ヤママリン」を分泌している。

「眠っている状態」を作りだし、自ら細胞分裂を抑制し、冬眠する態勢を整えている。

 ヤママリンを分泌することで 冬の間、動き回るよりも春に活動を開始したほうが

 ヤママユガにとっては生き残っていくのに快適なのです。

 鈴木教授はヤママユは休眠期間8ヶ月も長いのに着目してて平成2年

   ヤママユの体内から休眠を維持する物質を発見14年さらに研究を

   続けヤママリンとなずける。これに着目しガン細胞に加えると、
   
   驚くべき結果がガン細胞の細胞分裂が止まり増えない


   普通ガン細胞は、24時間で2倍ほどに増殖するそうです。

   つまり癌細胞を1時期的に眠らせることができるので進行が止まる。

  



   副作用は今のところ考えられないとのこと

 抗癌剤は強い副作用のため患者は経済的にも身体的にも苦しむ

 研究段階から実用段階にして癌患者に朗報を期待します

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

No title

こんにちは。
ヤママリン、どうやってがん細胞だけに働きかけるようにするのでしょう? すでにその辺りの技術はあるのでしょうけれど、正常細胞に作用したら、どうなるのでしょう。ちょっと楽しみ。老化も遅れる?

もうかなり研究は進んでいて大量生産まで可能になっているのですね。認可されるのはいつでしょう。

2016-04-19 05:56 | from ちゅんしーまま

ヤママリンすごいです

こんにちは、aoshiです。

ヤママリンの効果がすごいですね。
ガンの治療に役立つかもしれないんですね。
抗がん剤は、副作用がきついということなので、副作用がないものができるといいですね。
次回も楽しみにしています。
応援します。

2016-04-17 14:20 | from aoshi | Edit