経営の極意 社員からの改善,提案活動 - 自由人 健康 年金暮らし

経営の極意 社員からの改善,提案活動

株式会社タニサケ
創立年月日
昭和60年(1985年)4月5日

代表取締役会長
松岡 浩

代表取締役社長 清水 勝己

ゴキブリ駆除のホウ酸だんご、ナメクジ駆除 剤、

ムカデ駆除剤の製造販売をしている会社です。


社員数は37 名の小さな会社です。
たにさけ1

「日本一の知恵工場」としても有名で 、社員からの改善,提案活動は

社員への一人あたり年間奨金額が10年間連続全国第一位です。

奨金とは社員が会社に対して改善、提案する事で支払金のことです。

採用されたら1,800円から20,000円だそうです。

社員が小さい改善提案をしても会社も良く応えて楽しく働く環境となり

アイデアがアイデアを生み何倍もの生産性向上となり

大企業にない強みを発揮し経常利益率、自己資本比率は97%と驚異的な

当社の原動力は社員一人一人の知恵の積み重ねによる。

会社経営の原点は社員を大事にして知恵を活用する。
たにさけ2
タニサケ塾とは

 20年以上毎月1回のペースで行っている

中小企業の経営者および社員を対象とした研修会です。


トイレ掃除、洗車、気功・功法、朝礼、工場見学、

講話など原則として月1回、日曜日と月曜日の2日間で実施します。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント